八朔

女 A型 その他 東京都 52人登録
趣味は言わずもがな読書です。皆さんといろいろな本の情報を共有できたら嬉しいです。
記録初日
2012年04月30日
経過日数
1824日
読んだ本
533冊 (1日平均0.29冊)
読んだページ
191117(1日平均104)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、窪美澄さんの最新作「やめるときも、すこやかなるときも」の献本に応募しました!締切は3月20日!応募はこちら→ http://bookmeter.com/kenpon.php?id=175
ナイス ★1 - コメント(0) - 03月14日

読み終わった本(533冊)

希望ヶ丘の人びと(上) (講談社文庫)
希望ヶ丘の人びと(上) (講談社文庫)
決してジメジメした書き方ではないのですが、妻、母を失った家族の喪失感が伝わってきて切なくなりました。宮嶋家はともかく、美嘉には幸せになってほしいです。このタッチの文章で悲しい結末はないと思いますので、下巻を楽しく読みたいと思います。
戦国自衛隊1549 (角川文庫)
戦国自衛隊1549 (角川文庫)
戦闘関連の武器、車輌等に明るくないため、今一つ情景が思い浮かばず苦労しました。また、神崎玲が重要なポジションを占めるのですが、的場の側にいる描写のみが続き、ラストになってどのような心理であったかが語られます。もう少し早くから彼女に焦点を当てた描写があると、彼女の行動に納得ができて良かったと思いました。
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
古書に何千万円もの資金を投じるという理解の範疇を超えた話に少々引きながらも楽しく全シリーズを読み通すことができました。あとがきや参考文献を見る限り、古書はある種の骨董品として取引をされているようで、そんな世界を知ることもできました。栞子さんと大輔くんの二人はとても好きなので、スピンオフも期待しています。
幕が上がる (講談社文庫)
幕が上がる (講談社文庫)
高校生ならではのもどかしさ、純粋さが伝わり良かったです。演劇に詳しくないので、少ししか登場しない滝田先生の、モヤモヤした気持ちを作家、画家、音楽家がそれぞれの芸術にするという語りが一番印象に残りました。今の自分がどれだけ気持ちを上手く人に伝えられているかを考えると、高校時代と大差ないように感じますが、部活のように毎日何かに打ち込む純粋さ、一生懸命さは確実に失ってしまったと思い、苦笑いをしております。

読んでる本(0冊)

まだ「読んでる本」に登録した本はありません。

積読本(0冊)

まだ「積読本」に登録した本はありません。

著者グラフ

最近読んだ著者:重松 清 福井 晴敏 三上 延 平田 オリザ 上橋 菜穂子 坂井希久子 垣根 涼介 桂 望実 真保 裕一 本谷 有希子