sherry

20歳 大学生・院生 34人登録
よろしくお願いします。
記録初日
2012年08月20日
経過日数
1709日
読んだ本
290冊 (1日平均0.17冊)
読んだページ
77918(1日平均45)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで、最果タヒの最新小説「十代に共感する奴はみんな嘘つき」の献本に応募しました!締切は4月3日!応募はこちら→ http://bookmeter.com/kenpon.php?id=179
ナイス ★1 - コメント(0) - 03月29日

読み終わった本(290冊)

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
著者の作品は初読み。複雑的な技巧が凝らされた時間SFではあるものの、文体がライトで読み易かった。絶望的状況からの逆転劇も鮮やかで良い。当たり前の光景の中にも、改めて目を凝らして見ると、いくつもの可能性の芽があるかもしれない。そんなようなことを思わせてくれる希望に満ち溢れたラストだった。
夜間飛行 (新潮文庫)
夜間飛行 (新潮文庫)
「夜間飛行」というタイトルからロマンチックなお話を想像していたが、その実は死と隣り合わせの夜間飛行業に信念と情熱を懸けた者たちの強固な生き様が描かれた骨太の作品だった。夜の空を孤独に渡る恐怖や葛藤、臨場感溢れる描写の数々は著者自身が飛行士だったからこそ書くことができたのだろう。また、それでいてどこかタイトルに反しない儚く幻想的な雰囲気も漂っており、詩的な文章からは濃紺な夜の空の情景が浮かんでくるようだった。何度も読み返したい一冊。
My Humanity (ハヤカワ文庫JA)
My Humanity (ハヤカワ文庫JA)
テクノロジーの発達により変容する「人間性」のあり方を描いたSF短編集。どの話も専門用語が難解で読み進めるのに苦労したが、内容は示唆に富んでおり、大変面白かった。お気に入りは小児性愛者矯正の悲劇的な結末が鮮烈な印象を残す「allo,toi,toi」。

著者グラフ

最近読んだ著者:河野 裕 小川 一水 サン=テグジュペリ 長谷 敏司 森 博嗣 原田 マハ 池井戸 潤 ジョージ・オーウェル つくしあきひと 諫山 創