伊田林 浮刄@RinGoddess

男 76人登録
手に取る本の重み、捲る頁の手触り、紙の匂い、素敵な装幀、お気に入りのブックカバー…その全てが素敵な読書の時間だと思っているので当面電子書籍はNo thank you
記録初日
2006年02月10日
経過日数
4095日
読んだ本
521冊 (1日平均0.12冊)
読んだページ
175722(1日平均40)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

読み終わった本(521冊)

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
★★★★☆離婚した妻・謎の男・数少ない友人・ガールフレンドの人妻・少女と美しい叔母・ファンタジックな騎士団長…そして100ページに1度射精する主人公の「私」ハルキワールドたっぷりな小説世界を堪能しながら下巻へGO
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
★★☆☆☆聞き慣れぬ人名や地名に四苦八苦しながら読了。超々ざっくりとしか知らなかった応仁の乱、ざっくりわかったようなわからぬような…これに比べて関ヶ原とかなんとシンプルなことよ
楽しい夜
楽しい夜
★★★☆☆こうやって新たな作家さんに出逢えるのはいいこと。なんでも編訳者が子どもの頃に見かけた魚の行商のお婆さんよろしくそのときどき網にかかったこれぞという11作品を集めたそうな。だからジャンルも雰囲気もまちまち新人もいれば大御所もいるとのこと。全編とおしてUS版ハルキワールドかはたまた小川洋子かみたいな(適当でいいかげんな例えです)恥ずかしながらミランダ・ジュライしか知らなかった僕みたいな人はあとがきから読むことをおすすめします。お気に入りは表題作のほか「ロイ・スパイヴィ」「アリの巣」「家族」「三角形」
街道をゆく〈23〉南蛮のみち2 (朝日文庫)
街道をゆく〈23〉南蛮のみち2 (朝日文庫)
★★★☆☆「私は、こどものころからアジアが好きだった。そういう私でさえヨーロッパへの愛情といとおしみがつよい。私ども非ヨーロッパ人は、平衡をもった尊敬をこめて、この大陸に興り、いま沸騰期を過ぎつつある文明を大切にあつかわねばならないが、画伯にもその気分がつよいのであろう。ともかくも、画伯は小石を捨てた。私どもの旅は、小石がサグレス岬のせまい地面に落ちたときにおわった。」このシリーズ国内編が好きなんだけど最後のこの一文の美しさに★一個追加

著者グラフ

最近読んだ著者:村上 春樹 呉座 勇一 司馬 遼太郎 森見 登美彦 スティーヴン キング 清水英斗 スティーヴン・キング 先崎 彰容 池波 正太郎 ホテル日航アリビラ編集室