DWAT

96人登録
クマの捕獲を趣味にしております(^_^)通算115匹 第6弾 http://book.akahoshitakuya.com/post/13/32381553 第5弾 http://book.aka… →続きを読む
記録初日
1999年11月22日
経過日数
6367日
読んだ本
1412冊 (1日平均0.16冊)
読んだページ
325146(1日平均32)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

読み終わった本(1412冊)

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
この巻で本編がひとまずの区切りになると知らなかったので、エピローグのとこでも、いつ智恵子がぶっ込んで来るかと読んでしまった・・せっかくの綺麗な余韻だったのにぃ。さて、後書きでは、この海外古書でシリーズの大団円を飾るに相応しい大ネタのために相当な苦労を重ねたようですが、いやいや本作も見事なネタと構成で、しかもシリーズで広げた風呂敷をきっちり畳みきった作品だと思いました。ラスボスの智恵子とのバトルをこう持ってきたかあ、と素直に楽しみましたよ。この先もサイドストーリーがあるとは嬉しい限り。アニメも楽しみ
尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き) (宝島社文庫)
尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き) (宝島社文庫)
尾道の本屋で平積みになってたのでノータイムで購入。家守奇譚みたいな話かなーと思ったんだけど叙情性はあんまりなく、尾道の風景を背景にして付喪神と茶道のあれこれを楽しむという趣向でラノベとして楽しむ作品だな。尾道好きな人には特に面白いだろうなあ。最近はU2とか商店街のショップとかオシャレなスポットもふえてるので、もし続編あるならアップトゥデートな尾道も取り入れてほしいかな。あと、尾道市立大学の描写もなかなか細かくてニンマリした。
ちはやふる(34) (BE LOVE KC)
ちはやふる(34) (BE LOVE KC)
かるたで鍛えた忘却力ww ちはやの無駄美人っぷりが健在で嬉しいわ。 けどやっぱり、この巻は詩暢ちゃんがメインだな。周防名人とのからみで、いよいよ名人とクイーンレベルでのかるたへの執着が描かれてくのだね。この世界にちはやと太一がどのように足を踏み入れてくるのか楽しみ。

著者グラフ

最近読んだ著者:三上 延 加藤 泰幸 海野 つなみ 末次 由紀 ジョージ・オーウェル こざき 亜衣 こうの 史代 井口病院 草野 原々 西尾 維新