Fe

男 62歳 無職 福岡県 344人登録
ビール(キリン・ラガー)が好きです。 2004年11月うつ病発症・休職・復職・再発・休職・復職・再発・退職。療養中・無職。元私立大学図書館職員 大学図書館問題研究会福岡支部元会員 King… →続きを読む
記録初日
2002年01月26日
経過日数
5574日
読んだ本
2504冊 (1日平均0.37冊)
読んだページ
610461(1日平均88)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

Fe
#NowPlaying King Crimson "Larks' Tongues In Aspic, Part I" (1973.10.6) Arlington, Texas, USA H-BOMB MUSIC HBM9513 Texas Hall Arlington 1973年秋の米国公演十五日目。 この演奏はユーチューブ https://www.youtube.com/watch?v=QwaWxHE1_mY で聴けます。 オーディエンス録音の海賊盤ですけど音質はそれほど悪くありません。 3分ぐらいの
ナイス ★3 - コメント(2) - 05:24
Fe
インプロヴィゼーションに続いて演奏されますが、1973年春~初夏ツアーでの演奏より数分短めで、少し物足りない気がします。 この曲は1973年1-2月にCommand Studios, London で録音され、1973年3月23日に発売されたアルバム Larks' Tongues in Aspic (邦題『太陽と戦慄』)のA面第一曲、オープニングナンバーでした。 初演は1972年10月13日 Frankfurt, Germany (1972年秋の新メンバーでのヨーロッパ公演初日)。
ナイス ★2 - 04/30 05:25
Fe
Robert Fripp - Guitar, Mellotron   David Cross - Violin, Mellotron   John Wetton - Bass Guitar & Vocals   Bill Bruford - Drums, Percussion
ナイス ★2 - 04/30 05:25
Fe
なごの海の霞のまよりながむれば入(い)る日をあらふ沖つ白波 後徳大寺左大臣[藤原実定] 晩霞といふことをよめる 新古今和歌集 巻第一 春歌上 35   「なごの海の霞の隙を通して見入れば、今しも入日を洗う沖の白波よ。」『新日本古典文学大系 11』p.29   林下集[りんげしゅう 藤原実定の家集]「按察使公通卿十首題」。なごの海 摂津国の歌枕か。あらふ 入日の前に波の踊躍するさま。参考「秋の海にうつれる月を立ちかへり波は洗えど色も変わらず」(清原深養父 後撰 秋中)。 「霞」の歌。
ナイス ★3 - コメント(1) - 05:23
Fe
藤原実定(ふじわらさねさだ 1139-1191)平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿・歌人。俊成の甥。定家の従兄。 千載集初出。勅撰入集七十九首。 隠岐での後鳥羽院による『時代不同歌合』では花山院と番えられている。 小倉百人一首 81 「ほととぎす鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞのこれる」 http://bit.ly/13nwKD4 http://bit.ly/13nwBQc
ナイス ★2 - 04/30 05:23

読み終わった本(2504冊)

データを更新する
データを更新する
絵本館 2007年4月刊。岡山名物・廣榮堂(安政3年(1856)創業)「元祖きびだんご」のパッケージに五味太郎さんの絵が使われているのは見たことがありましたけど、この絵本『ももたろう だれでも知っているあの有名な』は、三週間ほど前、4月8日に読書メーターで、なまさんに教えていただくまで知りませんでした。 https://bookmeter.com/reviews/63475791 糸島市図書館から借りて読んでみると、五味太郎さん初の日本昔話は意表を突かれる、びっくりな物語でした。
クッキングパパ(27) (モーニング KC)
クッキングパパ(27) (モーニング KC)
講談社 1992年7月刊。COOK.262-271、十篇。新宮町図書館(福岡県粕屋郡)蔵書。奥付が紛失しているため初出『モーニング』号数不明。季節は四月(ゴールデンウィーク前)から夏の初め(「荒岩一味 生ビールがうまい季節になった!!」p.149)。まことくんは六年生になったのかなぁ、対馬浅茅(あそう)湾で鯛を釣って食べます。福岡調理師専門学校を卒業した上田守は博多の小料理屋松二家に就職していました。金丸産業新入社員奥別府鉄男(博多大学史学科卒業、一味の後輩)が登場。   田中が夢子(のおでこ)にキス!
いそいでおでかけ
いそいでおでかけ
童心社 2017年3月刊。『ゆっくりおでかけ』2016.10『げんきにおでかけ』2017.2 に続く三冊目です。主人公は猿の子供(白いタンクトップと半ズボンを着ていて直立歩行してます)。「いそいで おでかけです どこへ ゆくのかしら……   あっ なにか きになったみたいです   いそいで おうちに もどります   ああ くつを はくの わすれたのね   あっ また なにか きになったみたい   あわてて おうちへ もどります   ぼうし! こんな あついひに ぼうしを わすれては いけません   あれれ
いしいひさいち〈増補新版〉新仁義なきお笑い (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
いしいひさいち〈増補新版〉新仁義なきお笑い (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
河出書房新社 2016年6月刊。272ページ。去年、刊行時に福岡市総合図書館にリクエストしましたが購入してもらえず、半年後、糸島市図書館に所蔵館への取り寄せを依頼したら購入してくれました。2012年8月に読んだ白い表紙の初版(2012年6月刊) https://bookmeter.com/books/4965700 に56ページ追加した増補新版ですけど、内容の詳細を憶えている訳もなく、四年ぶりの再読をたっぷり楽しみました。増補分では「藤原先生かく語りき 適当すぎる名言集」p.226-229 がいいなぁ。

著者グラフ

最近読んだ著者:五味 太郎 うえやま とち いしい ひさいち 内田善美 村上 春樹 池波 正太郎 吉田 秋生 よしながふみ 東海林 さだお 安倍 夜郎