女 O型 技術系 東京都 10人登録
はじめまして☆牙と申します。 本、大好き。偏っているかもしれませんが、「面白そう!」と思ったものには躊躇なく手を出します。ですが、根が天の邪鬼なので、話題作やベストセラー的なものには手を出さなかった… →続きを読む
記録初日
2013年01月04日
経過日数
1577日
読んだ本
338冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ
115376(1日平均73)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

【献本プレゼント】読書メーターで知念実希人氏最新作!「屋上のテロリスト」の献本に応募しました!締切は4月13日!応募はこちら→ http://bit.ly/2nG8oo3
ナイス - コメント(0) - 04月06日

読み終わった本(338冊)

天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)
天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)
なんか今巻が一番面白かった気がします。鷹央と小鳥がしっくりといいコンビになってきたからかもしれません。健太くんへの負い目のような気持ちからも解き放たれ良かったです。しかしながら重い病気の子供を持っていたら医師不信に陥ってしまうのもわかる気もします。知念先生はいろんな患者さんやその家族を見てきたんだなと思います。次巻も楽しみです。
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
だいぶ時間を掛けて読みました。今巻はカミーユが単独行動をするので、ヴェルーヴェン班としての動きはあまりなく、ルイのファンとしては少し物足りないような気もしました。気持ちとしてはル・グエンに近い気持ちで読みました。いつかこの3部作を立て続けに読み直したいと思います。解説に中編が2作あると書かれていたので、それが翻訳されて文庫になったときに読み直そうと思います。
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)
テレビの1話目を見てから読んだので、キャラのイメージが出来ていて良かった。小説というよりはシナリオみたいでした。これはテレビと共に続きが出るのでしょうかね?
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)
『その女アレックス』、『死のドレスを花婿に』に続くルメートル作品です。作品的には本作『悲しみのイレーヌ』が先で、『その女アレックス』が2作目になるそうです。アレックスを読んでから本作を読むと猟奇的なところは一緒ですが、本作の方が刑事物みたいで面白かったです。日本の作品で言うと誉田哲也さんの姫川班シリーズと、乾くるみさんのイニシエーションラブが合わさったような感じでした。読み終わった今もどこが現実でどこまでが創作だったのか→

著者グラフ

最近読んだ著者:知念 実希人 ピエール・ルメートル 周木 律 デボラ インストール 喜多 喜久 天野 頌子 近藤 史恵 桜木 紫乃 七月 隆文 乾 くるみ

お気に入り(1人)