小太郎

男 北海道 45人登録
読み終わった本と積読本はかなりあるので気が付いたら入れるようにしてます乱読と言っていい雑食系です。
記録初日
2010年02月28日
経過日数
2616日
読んだ本
1338冊 (1日平均0.5冊)
読んだページ
405330(1日平均150)
感想/レビュー
本棚

読書グラフ

読書ページ数


読書冊数

最近のつぶやき

怒ったトト子
ナイス ★7 - コメント(1) - 04月17日
湯な
totoko愛に溢れてるやん‥
ナイス ★1 - 04/17 23:05
【献本プレゼント】読書メーターで、長崎グルメ小説「長崎・オランダ坂の洋館カフェ」の献本に応募しました!応募締め切りは4月17日!応募はこちら→ https://bookmeter.com/giftbooks/181
ナイス ★1 - コメント(0) - 04月10日

読み終わった本(1338冊)

この雨が上がる頃
この雨が上がる頃
最後のどんでん返しにかけた短編集、にしてはどうにもリアリティが欠しくオチがそれほど効いてないのが残念。叙述ミステリはオチに至るまでの読ませ所がしっかりしてないと最後の「あっ!」がないですよ。
データを更新する
データを更新する
荒唐無稽なのに引っ張る力は凄い。戦前の日本を舞台としたハードボイルドアクション、ありそうでなかった設定はいきなり関東大震災の夜の銃撃戦から始まります。何と言っても主人公小曽根百合ことリリーの生き様が凄い!16歳でスパイとして東南アジアで活躍57人を殺害し「最も排除すべき日本人」と言われるそのリリーが、陸軍の莫大な隠し資金のカギを握る一人の少年を助けることになります。そのために帝国陸軍と対決することになるのですが・・・いや~こんなのある筈ないと思いながら読まされてしまいました。瑕疵はたくさんあるけど許す!
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
なんとか2日で読了。感想は楽しかったけどなんだか物足りないかな。村上ワールド好きには堪らない本だと思うんだけど。本作のメインの話だと思う主人公とまりえの失踪が尻すぼみだし、一番大切なキャラ免色の作りの甘さ、ゆずとの安易な復縁など?が多かったです。南京虐殺や3・11話などのあまりに薄っぺらい記述なども同様に?(あまり本編には関係ないけど)ただ瑕疵は多いけれど本を読む楽しさ確かに感じました。
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
さて今回はどうかな?と少し心配して読みました。この1部はいかにものの村上ワールド。そして意外に読み易い。乱暴に言っちゃうと、彼の書くものは大人のファンタジーなんだと思ってます。そこがきっと好き嫌いの分かれるところなんだけどね。さてこれからどうなるのか、イデアとしての騎士団長なんか出しちゃって大丈夫かな?2部に続く。

読んでる本(0冊)

まだ「読んでる本」に登録した本はありません。

著者グラフ

最近読んだ著者:村上 春樹 佐伯 一麦 小野 俊太郎 今野 敏 名取佐和子 辣椒 原田 マハ フォーブス 弥生