読書メーターナビゲーション

メインメニュー

少年陰陽師 そこに、あどなき祈りを (角川ビーンズ文庫)

少年陰陽師  そこに、あどなき祈りを (角川ビーンズ文庫)
感想63

あらすじ・内容

ファン待望の小説「十二刻」、満を持して短編集で登場!!

時は平安、京の都。稀代の大陰陽師・安倍晴明の孫である昌浩はまだまだ半人前の陰陽師。ある日雅楽器の付喪神が、神隠しにあった若君を捜して欲しいと訴えにくる。相棒のもっくんと共に力を貸す昌浩だったが?

あらすじ・内容をもっと見る

書店で詳細を見る

感想・レビュー(63)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

結城 光流の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

少年陰陽師 そこに、あどなき祈りを (角川ビーンズ文庫)をシェアする

少年陰陽師 そこに、あどなき祈りを (角川ビーンズ文庫)評価63感想・レビュー63