読書メーターナビゲーション

メインメニュー

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)
感想322

あらすじ・内容

夢と現実の違いとは何か?
天然と人工物。リアルとバーチャル。自分と他者。人は何故、区別したがるのか?
富の谷と呼ばれる閉ざされた地。そこでは新しい生き方がはじまっていた。
富の谷。「行ったが最後、誰も戻ってこない」と言われ、警察も立ち入らない閉ざされた場所。そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンたちが潜んでいるという情報を得たハギリは、ウグイ、アネバネと共にアフリカ南端にあるその地を訪問した。
富の谷にある巨大な岩を穿って造られた地下都市で、ハギリらは新しい生のあり方を体験する。知性が提示する実存の物語。

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(322)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

Wシリーズ

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

森 博嗣の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)をシェアする

私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)評価80感想・レビュー322