読書メーターナビゲーション

メインメニュー

最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)

最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)
感想204

あらすじ・内容

世界的な大企業・ハルウィンが「4月1日に年収8000万で超能力者をひとり採用する」という告知を出した。審査を経て自称超能力者の7名が、3月31日の夜に街中で行われる最終試験に臨むことに。ある目的のために参加した大学生・市倉は、同じく参加者の少女・日比野と組み、1通しかない採用通知書を奪うため、策略を駆使して騙し合いに挑む。『いなくなれ、群青』、〈サクラダリセット〉の著者が贈る、ノンストップ・ミステリ! 文庫書き下ろし。解説=大森望

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(204)

感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが{{{ resource.header_tag }}}
ネタバレ
{{ comment_length.max }}文字
Loader green
全{{ collection.metadata.count }}件中 {{ pageFirstIndex }} - {{ pageLastIndex }} 件を表示
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

河野 裕の関連本

  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)をシェアする

最良の嘘の最後のひと言 (創元推理文庫)評価88感想・レビュー204