読書メーターナビゲーション

メインメニュー

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
感想446

あらすじ・内容

彼氏のスマホを拾ったのは
連続殺人鬼?!(シリアルキラー)

驚天動地のトリックには、
誰もが目を疑うだろう
五十嵐貴久(作家)

麻美の彼氏のスマホを拾った男はハッカーだった。
画像フォルダを見た男は麻美を気に入り、
SNSを駆使した狡猾な罠で麻美に迫る。

麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる凶器へと変わっていく。一方、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され……。

※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物・団体等とは一切関係ありません。

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(446)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

志駕 晃の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)をシェアする

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)評価100感想・レビュー446