読書メーターナビゲーション

メインメニュー

アキラとあきら (徳間文庫)

アキラとあきら (徳間文庫)
感想2032

あらすじ・内容

零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。

あらすじ・内容をもっと見る

書店で詳細を見る

感想・レビュー(2032)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

池井戸潤の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

アキラとあきら (徳間文庫)をシェアする

アキラとあきら (徳間文庫)評価86感想・レビュー2032