読書メーターナビゲーション

メインメニュー

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
感想1971

あらすじ・内容

バッタの群れは海岸沿いを飛翔し続けていた。夕方、日の光に赤みが増した頃、風向きが変わり、大群が進路を変え、低空飛行で真正面から我々に向かって飛んできた。大群の渦の中に車もろとも巻き込まれる。翅音は悲鳴のように重苦しく大気を振るわせ、耳元を不気味な轟音がかすめていく。このときを待っていた。群れの暴走を食い止めるため、今こそ秘密兵器を繰り出すときだ。さっそうと作業着を脱ぎ捨て、緑色の全身タイツに着替え、大群の前に躍り出る。
「さぁ、むさぼり喰うがよい」

あらすじ・内容をもっと見る

書店で詳細を見る

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

感想・レビュー(1971)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

前野ウルド浩太郎の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)をシェアする

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)評価80感想・レビュー1971