読書メーターナビゲーション

メインメニュー

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)
感想462

あらすじ・内容

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。希実の母・律子の死から五年の月日が経ち、暮林や弘基の周辺には様々な変化の波が訪れていた。それは、常連客である斑目やソフィアやこだま、美作親子や多賀田たちにとっても同様だった。そしてもちろん、希実にとっても……。累計140万部突破のベストセラー「まよパン」シリーズ、ついに完結!!

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(462)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが{{{ resource.header_tag }}}
ネタバレ
{{ comment_length.max }}文字
Loader green
全{{ collection.metadata.count }}件中 {{ pageFirstIndex }} - {{ pageLastIndex }} 件を表示
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

真夜中のパン屋さんシリーズ

データの取得中にエラーが発生しました
  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

大沼 紀子の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)をシェアする

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)評価100感想・レビュー462