読書メーターナビゲーション

メインメニュー

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
感想6068

あらすじ・内容

珍しい古書に関係する、特別な相談──謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが──。

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(6068)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

三上 延の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)をシェアする

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)評価72感想・レビュー6068