読書メーターナビゲーション

メインメニュー

神様の御用人 (メディアワークス文庫)

神様の御用人 (メディアワークス文庫)
感想1597

あらすじ・内容

神様たちの御用を聞いて回る人間──“御用人”。ある日突然、フリーターの良彦は、狐神からその役目を命じられた。膝を壊して野球の道を諦め、おまけに就職先まで失った良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり……!?
特殊能力もない、不思議な力を放つ道具も持ってない、ごく普通の“人間”が神様にできること。それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。けれどそこには、確かに神々の「秘めたる願い」があった。モフモフの狐神、黄金とともに、良彦の神様クエストが今幕を開ける!

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(1597)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

神様の御用人シリーズ

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

浅葉なつの関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

神様の御用人 (メディアワークス文庫)をシェアする

神様の御用人 (メディアワークス文庫)評価84感想・レビュー1597