読書メーターナビゲーション

メインメニュー

虚ろな十字架

虚ろな十字架
感想3208

あらすじ・内容

 ペット葬儀屋を営む中原道正のもとを、警視庁の刑事が訪ねてきた。佐山というその刑事は、中原とは旧知である。佐山は、中原の前妻・小夜子が何者かに路上で殺されたことを告げた。中原は、思わず「離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった」と口にする。中原と小夜子には、かつて、幼い娘を殺されるというつらい経験があった。佐山は、その事件の時も捜査担当だったのだ──。
 ミリオンセラーを記録し、映像化も評判となった『手紙』『さまよう刃』の二作から10年あまり。より深化した思索と、圧倒的な密度、そして予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(3208)

データの取得中にエラーが発生しました
感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loader green
Loader green
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

東野 圭吾の関連本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

データの取得中にエラーが発生しました
Loader green

虚ろな十字架をシェアする

虚ろな十字架評価84感想・レビュー3208