読書メーターナビゲーション

メインメニュー

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
感想1110

あらすじ・内容

多崎つくる鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。
全米第一位にも輝いたベストセラー!

あらすじ・内容をもっと見る

感想・レビュー(1110)

感想・レビューがありません
新着
参加予定
検討中
さんが{{{ resource.header_tag }}}
ネタバレ
{{ comment_length.max }}文字
Loader green
全{{ collection.metadata.count }}件中 {{ pageFirstIndex }} - {{ pageLastIndex }} 件を表示
Loader green

あなたも読書メーターに登録して感想を投稿してみませんか?

村上 春樹の関連本

  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

この本を読んだ人がよく読む本

  • {{ resource.book.registration_count }} 登録
Loader green

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)をシェアする

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)評価64感想・レビュー1110